グローバルチャット利用するにあたってのルール

グローバルチャット利用するにあたってのルール


この利用規約(以下,本規約と言う)は,Discord Bot 沢城チーム(以下,運営という)
がDiscord 上で提供するサービス(以下,「本サービス」と言う)の利用条件を定めたものです。
利用するユーザー(以下、ユーザーという)がBotを導入した時点で利用規約に同意したとみなされます。


1.はじめに

このルールはグローバルチャットを利用するにあたってすべてのユーザーが快適に、不快なく利用するために定められたルールです。
グローバルチャットに参加した時点で、このルールに同意したとみなされます。
*このルールはカスタムグローバルチャット(通称:sawachat)のルールではありません。
カスタムグローバルチャットについてはサワチャットを利用するにあたってのルールを御覧ください。

2.グローバルチャット

この機能はサーバーとサーバーを繋ぎ沢山の人達とチャットをすることを目的とした機能です。

3.警告と処罰

グローバルチャットを利用するユーザーすべてが快適に不快なく利用するにあたって「4.禁止事項」に該当する行為(以下、違反といいます)を行った(以下、違反者といいます)は以下の警告・処罰を行います。
また、執行者は運営のみに与えられているため、ユーザーは違反者を報告する義務が発生します。


    警告と処罰は原則以下の通りに執行されます
  • 1回目の警告 警告
  • 2回目の警告 2回目の警告と一時機能制限の執行(これはグローバルチャットのみに該当します)
  • 3回目の違反 グローバルチャットの機能制限(期間は運営の裁量により決定されます)
  • 4回目の違反 無期限機能制限

4.禁止事項

グローバルチャットでは以下の行為を禁止します


  • 性的な表現に該当するコンテンツ(メッセージや写真、動画(GIFも含みます)等)の発言
  • 利用規約に違反する行為
  • 公序良俗に反する行為
  • 一般に不適切な発言をする行為
  • ユーザー(外ユーザーも踏みます)に実害、間接的な害を与える行為
  • 目に刺激を与えるコンテンツ(たくさんの色を表示させ目がチカチカするコンテンツ等が該当します)の投稿
  • 個人情報(住所、名前、年齢などを含みます)を許可があっても投稿する行為
  • 他ユーザーになりすます行為

5.異議申し立て

処罰の実行は「3.警告と処罰」の通り、運営が執行します。
もし、不当な処罰であると申し立てる場合3回まで申請することが出来ます。
ただし、明らかに正当な処罰である場合対応した運営の責任により申請を却下することが出来ます。

1.はじめに

このルールはグローバルチャットを利用するにあたってすべてのユーザーが快適に、不快なく利用するために定められたルールです。
グローバルチャットに参加した時点で、このルールに同意したとみなされます。
*このルールはカスタムグローバルチャット(通称:sawachat)のルールではありません。
カスタムグローバルチャットについてはサワチャットを利用するにあたってのルールを御覧ください。

2.グローバルチャット

この機能はサーバーとサーバーを繋ぎ沢山の人達とチャットをすることを目的とした機能です。

3.警告と処罰

グローバルチャットを利用するユーザーすべてが快適に不快なく利用するにあたって「4.禁止事項」に該当する行為(以下、違反といいます)を行った(以下、違反者といいます)は以下の警告・処罰を行います。
また、執行者は運営のみに与えられているため、ユーザーは違反者を報告する義務が発生します。
警告と処罰は原則以下の通りに執行されます


  • 1回目の警告 警告
  • 2回目の警告 2回目の警告と一時機能制限の執行(これはグローバルチャットのみに該当します)
  • 3回目の違反 グローバルチャットの機能制限(期間は運営の裁量により決定されます)
  • 4回目の違反 無期限機能制限

4.禁止事項

グローバルチャットでは以下の行為を禁止します


  • 性的な表現に該当するコンテンツ(メッセージや写真、動画(GIFも含みます)等)の発言
  • 利用規約に違反する行為
  • 公序良俗に反する行為
  • 一般に不適切な発言をする行為
  • ユーザー(外ユーザーも踏みます)に実害、間接的な害を与える行為
  • 目に刺激を与えるコンテンツ(たくさんの色を表示させ目がチカチカするコンテンツ等が該当します)の投稿
  • 個人情報(住所、名前、年齢などを含みます)を許可があっても投稿する行為
  • 他ユーザーになりすます行為

5.異議申し立て

処罰の実行は「3.警告と処罰」の通り、運営が執行します。
もし、不当な処罰であると申し立てる場合3回まで申請することが出来ます。
ただし、明らかに正当な処罰である場合対応した運営の責任により申請を却下することが出来ます。